癒される。。。

見ているだけで癒されるウォールポケット♪
平さんが「パッチワーク通信」で見つけて一目ぼれし、即!製作したものです。
愛らしいワンちゃんの表情には こちらまでニコニコしてしまいます。
114221_20110425090703.jpg

我が家のウォールポケットは、もう15年も前に作ったものです。
カントリー調の図案を刺繍して、周りを△で囲ったポケットが6個ですが・・・
そろそろ引退させてあげようかしら
私も作りたくなったよ~ほんと、かわいいでしょ



スポンサーサイト

東日本大震災・・・

あれからちょうど1か月。
想像をはるかに超える被害の映像をテレビの画面で見て、全身が震えてしまった!
私は被害という被害はなかったものの、地震直後の停電で暗闇の寒い部屋で眠れぬ一夜を過ごしました。
それだけでも心細かったのに・・・
津波が町を破壊し、炎が町を焼き尽くし、挙句の果てに福島原発の事故。
毎日映し出される被災地の映像に、胸が押しつぶされそうになった
みんな生きるのに必死なのに、自分は何の力にもなれない・・・無力感。
何かしなくては、、、何か、、、ただ空回りするだけ。
娘たちとボランティアに参加するものの、支援物資の仕分け作業。
これでも役に立っているのかなあ~と、またまた自分の無力を再認識させられることに
縫い物がすこ~しできるだけで、こんな時には何の役にも立てないんだな。
そんな悲しい気持ちになっていた。
山形もようやく生活も(不便ながらも)落ち着きだし、4月から教室も賑やかに再開しました。
そんな時、一人の生徒がネットで見つけたという「被災地の子供たちへ贈るスクールバック」
というボランティアを教えてくれました。
彼女は12個のバックを送る予定で既に申し込んだというのです。
そうなんですよね。
縫い物がすこ~しできるなら、それを生かして何かできることをすればいいのでした!
心が折れかけていた私には考えもつきませんでした。
これからも、第2弾の募集があるらしいので その時には少しでもお手伝いしたいと思っています。
興味のある方は
日本手芸普及協会事務局 ボランティア係 
検索してみてください。

7日の夜に起きた大きな余震に次いで、今日もまた震度5、震度3の余震が起きました。
福島では震度6弱とか、、、
命がけで原発の復旧作業をしておられる方、本当に本当にありがとうございます。
これ以上の危険が降りかからないよう 祈るばかりです。

私もなかなか気持ちが落ち着かなくて、仕事もはかどらないのですが、そんな弱いことを言ってられませんね!!
明日から心を強く持って、笑顔でがんばるぞ

PS 震災後ご心配をしていただき、メールやお電話をありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。